ファイブボーガン&ビッグキャノン・ストラテジー〜FX自動売買で儲ける方法〜

ファイブボーガン&ビッグキャノン・ストラテジー

自動売買とはどういうものなの?

 

「自動売買」とはその名が示す通り、プログラムが取引をオートマティックに行ってくれる仕組みです。

 

余談ですが、私は「FX」を舞台に「自動売買」をしておりますが、「FX」以外の金融商品にも自動売買はあります。

 

主にFXで自動売買が行なう為には、「自動売買ソフト」と「MT4(MetaTrader4)」という名の「チャートソフト」がないとできません。

 

FXで自動売買をする為には、PC上に「メタトレーダー4」を立ち上げ、その「メタトレーダー4」に「エキスパートアドバイザー」と言う「ロジックソフト」を導入する事によって、自動売買をする事が出来ます。

 

世界中には、この「自動売買ソフト(エキスパートアドバイザー)」が沢山あり、例えば、「短期ロジック」や「長期ロジック」、若しくは「順張り」や「逆張り」等、色々な「性格」の「自動売買ソフト」があるのです。

 

「メタトレーダー4」に「エキスパートアドバイザー」を導入するというセッティングだけしたら、後はプログラムがオートマティックにエントリーと決済をしてもらえます。

 

そうです、100パーセントオートマティックにトレードが行われます。

 

要するに、この「設定の方法」だけマスターしてしまったら、裁量等の特別なテクニックや経験はいらないと言っているのは、こういった自動売買の優位性によるものなのです。

 

一回セットしたら、後はほぼ作業が無いですから、手間も時間も費やさずに経験が無くても続けることが可能です。

 

また、自動売買は機械なので「24時間」マーケットを監視するので、取引チャンスを逃すという「機会ロスが無い」のも特徴になります。

 

こちらでは、自動売買を一切分かっていない人であっても分かる様に、簡単な言葉を使ってお伝えさせて頂きましたが、経験したことのない人はまだハッキリわかっていないかもしれないですね。

 

けれども、案ずるより産むが易し。 現実に自動売買を動かしたら理解出来ると思います。

 

どれだけ機械音痴、投資音痴の人であっても、「自動売買を動かすって、思いのほか難しくないな。」と感じて貰えると思います。 FXの自動売買とは、その程度の物なのですよ。

 

 

自動売買の8つのメリットとは?

 

「自動売買とは何であるのか?」をお分かり頂いた上で、「自動売買の利点」に関してお話しさせて頂きます。

 

この「利点」こそが、私、佐々木が「裁量トレード」等では無く、「自動売買」を選んだのかの理由になりますが、これを「8つ」に絞り込んでご説明させて頂きます。

 

こちらの「8つ」のポイントを知ったら、「裁量トレード」だけでなく、「他の投資」や「他のビジネス」に取り組む事さえも、馬鹿馬鹿しく感じると思います。

 

取引が完全自動

 

これが一番大きなメリットになります。 初めに設定だけ行なったら、プログラムが完全オートマティックに取引を行なってもらえるので、貴方様は、仕事をしようが、趣味をエンジョイしようが、旅行に行こうが、遊ぼうが、寝ようが、何をでぃようが、どうぞ自由にされて大丈夫です。

手間と時間が必要ない

 

取引を自動売買に任せていきますから、チャートに張り付く事も、時々チャートをチェックする事さえも一切合切不要です。

 

マーケットが動く「平日」にこそ、日中は多忙な人がたくさんいる「平日」にこそ、手間と時間から開放されるのが自動売買になります。

テクニック・経験がいらない

 

裁量トレードですと、テクニックや経験や生まれながらの才能、また、マスターするまでの勉強やトレーニングが求められますが、自動売買は、プログラムが取引を行なってくれますから、経験が無くても平等に儲ける事が出来ます。

 

プロの投資家であってもビギナーであっても、使用する自動売買ソフトが一緒でしたら結果は一緒なのです。

取引チャンスを逃さない

 

プログラムが「1日中」、マーケットを監視してくれますから、例をあげると仕事中に絶好の取引チャンスを逃してしまう様な事は御座いません。

 

貴方様はチャートに張り付く事はないですが、貴方様の代わりにプログラムが24時間体制で、チャートに張り付き、チャンスを伺ってくれます。

ルールに忠実である

 

裁量取引の一番の敵の一つが「精神面」になります。

 

どれだけ厳しく遵守しなければならないルールがあっても、相場を目の前にしたら、精神面(感情)の動きによって、裁量だとルールを順守出来ず、大きく損をする事があるのです。

 

けれども自動売買は、感情の動きを完全に無視して、ルール通りにオートマティックにエントリー・決済をして貰えます。

 

これは殆どの方が分かっていない、自動売買の一番大きなメリットの一つと言えます。

複数のトレードロジック(手法)を持てる

 

裁量トレーダーによく見られる話になりますが、仮に一つの裁量手法(ロジック)だけしか持っていないケースでは、そのやり方がマーケットに通用している間は問題ないのですが、相場つきが変わって、通用しなくなってしまったら、一瞬で儲けることができなくなってしまうのです。

 

けれども、自動売買はソフトの数だけロジックがあります。

 

要するに自動売買で幾つかのロジックを動かしていたら、様々な相場から利益を手にする事が望めると言う事と同義なのです。

小資金からトライする事が出来る

 

これは自動売買だからと言うよりも、レバレッジの効く「FX」だからこそになるのですが、危険性をしっかりと見定めた上であっても 5万円からスタートする事が出来るのは大きな利点だと思います。

 

初めは少額から開始し、運用の実績が上向いて来るのにあわせて、資金を多くすると言うのが望ましい投資の常套手段だと思います。

リスクが限られている

 

とても忘れがちなメリットになりますが、株式や先物、オプションとは異なり、殆どのFX業者においては追証が発生しませんから、自己資金以上のリスクを追う事は有り得ません。

 

要するに、自己資金以上にマイナスが出ないという事ですから、リスクが限られているばかりでなく、この思考方法を上手く活用した取引も行なえる様になります。

 

以上が8つの「自動売買のメリット」です。

 

世界中には色々な投資方法がありますが、「FX」程たくさんの凡人に取りましてはハードルが低く、また、その「FX」の中においても「自動売買」程、ビギナーや儲けることができない方に優しい仕組みは無いと私は言い切ります。

 

それではようやくこれから、「巨人」とも呼ぶべき私の2人の教え子が作り上げた、「自動売買ソフト」をご紹介して参りたいと思います。

 

2つの自動売買ソフトは各々、「松さん」が作り上げた『ファイブボーガン・ストラテジー』「平山さん」が作り上げた『ビッグキャノン・ストラテジー』と命名されております。

 

こちらの「自動売買ソフト名」にも深い意味があるのです。

 

そのソフト名に秘められた意味もひもときながら、 2人の魂がこもった各々の自動売買ソフトを、これから細部に亘ってご説明して参りたいと思います。

 

ファイブボーガン&ビッグキャノン・ストラテジーの公式サイトはこちらから

 

 

ファイブボーガン&ビッグキャノン・ストラテジーの内容について

 

ファイブボーガンストラテジー

 

最初に「松さん」が作った『ファイブボーガン・ストラテジー』をご説明させて頂きます。

 

2007年1月1日〜2016年6月30日で、「10,000ドル」の資金が「113,255ドル」になっています。

 

要するに、およそ9年半で資金は「11.3倍」になっていると言う事。年で割ると驚きの「年利108%」を叩き出しているのです。

 

その間、リーマンショックを始めありとあらゆる相場の乱高下もあったのですが、問題なく乗り越え、ジグザグと右肩上がりのパフォーマンスを上げているのです。

 

いいですか。 一時的な調子の良い期間を切り取るのでは無く、過去「9年半」の結果になります。

 

誤解が無い様にお話しておくと、こちらのバックテスト結果は単利ですから、これが複利運用で運用したらどのような資産になっているのかは、ご想像にお任せしたいと思います。

 

尚、自動売買ソフトの完成直後から私は現実に運用を行なっておりますが、順調に利益を積み重ねております。

 

これから先も大きな利益を上げてくれるロジックとして、大きく期待が持てるエキスパートアドバイザーと言えます。

 

それでは、『ファイブボーガン・ストラテジー』に関して、深掘りをして説明して参りたいと思います。

 

5本の矢が刺さりまくる神がかった取引を実現

 

一般的な自動売買ソフトは1つだけしかポジションを持つ事はありません。

 

100pipsの大きなトレンドに乗れたとしましても、獲得利益は100pips程度になります。 0.1ロット運用であればせいぜい1万円の利益になります。

 

けれども、『ファイブボーガン・ストラテジー』は、トレンドが現れるチャンスと見たら、最高5つまでポジションを積み増して、トレンドの発生を最大限の利益に替えるのです。

 

一般的な自動売買ソフトでしたら、 1つのトレンドから6万円だけしか利益を取る事が出来ないとしても、 5つのポジションを仕込む事によって、 30万円の利益を得る事が出来ます。

 

最高で5つのポジションになります。この複数のポジションでマーケットから根こそぎ利益をもぎ取ります。

 

当然弱点も御座います。レンジ相場が不得意です

 

私は、自動売買ソフトで大事なのはリスク、要するに、苦手相場でどういう風に対応するか?ではないでしょうか。

 

こんなサイト、良く目にしませんでしょうか? 良い部分だけを切り取って、良くない部分の説明を全く行わない販売サイトが。

 

ロスカットしない不誠実な自動売買ソフトも目にします。

 

私は、自動売買ソフトの開発者であってトレーダーですけども、どういった自動売買ソフトにも、得意な相場と不得意な相場があります。

 

『ファイブボーガン・ストラテジー』の苦手相場は、相場に方向感の無いレンジ相場になります。

 

『ファイブボーガン・ストラテジー』は、積極的に次から次へとポジションを仕込んで行くのですが、トレンドの現れていないレンジ相場においては、早めのロスカットを繰り返しつつ、マイナスが過剰に膨らんでしまうのを避けます。

 

まれに、買いと売りの両方向にポジションを持つ「両建て」状態になるのですが、ケースバイケースでロスカットや薄利クローズを行いながら、次のトレンドの出現に準備します。

 

相場の7割はレンジ、 3割はトレンド

 

「相場の7割はレンジ、3割はトレンド」と言う相場の格言が御座います。

 

そうです、相場の半分以上が価格の変動に方向感がありません。

 

しかしながら、トレンドフォロータイプの自動売買ソフトはこの他にも数多くありますが、どうして、殆どの自動売買ソフトは利益を積み上げられないのでしょうか?

 

それは、レンジ相場のロスカットが積み重なり過ぎて、トレンド相場で1つのポジションが利益を取ったとしても、レンジ相場で積み重なってしまったマイナスを取り返しきれません。

 

けれども、『ファイブボーガン・ストラテジー』は違うのです。

 

トレンド相場で最高5つのポジションを仕込んで利益を狙いますから、レンジ相場で積み上げた小さなマイナスをあっという間に取り返し、その上、とてつもない資金増加を見せてくれるのです。

 

効率的で攻撃的。 これ程までしっかり組まれたロジックは、世界中、いずれを探し回っても無いと思います。

 

プロ投資家のロジックをEA化

 

どうして、こういった自動売買ソフトを作り上げる事が出来たのか? それは、開発者である「松さん」が、プロの裁量トレーダーだからなのです。

 

彼は、日頃からチャートに向かって、マーケットから利益を得ております。

 

私は自動売買ソフトの開発者ですけども、松さんに自動売買ソフトの作り方を指導すると、彼は自分自身のロジックをパーフェクトに自動売買化させたのです。

 

普通の自動売買ソフトの開発者だと考え付かない、プロだからこそ取り入れている複数ポジションの考え方を、完璧に具現化されました。

 

プロ投資家が使用している利益を得られるロジック。 これをパーフェクトに再現した『ファイブボーガン・ストラテジー』。

 

バックテストを素晴らしく見せる為のナンピンではございません。

 

複数の戦略的なポジションが、マーケットの流れから多大な利益を得てくれるのです。

 

ファイブボーガン&ビッグキャノン・ストラテジーの公式サイトはこちらから

 

ビッグキャノン・ストラテジー

 

続いて「平山さん」が作った『ビッグキャノン・ストラテジー』をご説明させて頂きます。

 

2007年1月1日〜2016年6月30日で、完璧な右肩上がりをつくり、「10,000ドル」の資金が「122,638ドル」になっております。

 

要するに、およそ9年半で資金は「12.2倍」になっていると言う事。年で割ると「年利118パーセント」と言う恐ろしい数字です。

 

こちらの『ビッグキャノン・ストラテジー』は、単一通貨ペアでロスカットもちゃんと行うロジックで、裏ワザテクニックやその場しのぎの方法では無く、俗にいう、正攻法の自動売買ソフトと言えるでしょう。

 

日本全国を探し回っても、これ程の自動売買ソフトは無いでしょう。 言うまでも無くこちらのバックテストも単利になります。

 

複利運用を行なったら口座資金がとんでもなく増加して行くはずです。

 

それでは、『ビッグキャノン・ストラテジー』に関して、深掘りをしてご説明して参ります。

 

狙いすましたエントリーが、トレンドを一点集中で捉える。

 

FXで利益をあげる為の一番大きな点は、「どのようにしてトレンドを捉えるか?」になります。

 

殆どのEA開発者が、このテーマについて苦戦しておりますが、『ビッグキャノン・ストラテジー』は、トレンドの捕まえ方が非常に巧いです。

 

自動売買トレーダーであって開発者である私は、これまでに色々な自動売買ソフトを目にして参りましたが、これだけ上手いトレンドフォローEAは、未だかつて目にした事が御座いません。

 

そのワケは後でお話しして参りますが、トレンドフォローの為の工夫が絶妙に内蔵されているからになります。

 

ビッグキャノン・ストラテジーの一番大きな秘密とは?

 

これから『ビッグキャノン・ストラテジー』の「一番大きな特徴」をお話しして参りますが、その前に、オーソドックスな自動売買ソフトの考え方をお話しましょう。

 

オーソドックスな自動売買ソフトは、【買いと売りでロジックが完全に一緒】と言うのがセオリーであって基本になります。

 

例をあげると、「移動平均線が上向きに変わったら買い、下向きに変わったら売り」と言った感じになります。

 

けれども、『ビッグキャノン・ストラテジー』は、その常識を覆しました。 買いと売りで、ロジックが一緒ではありません。

 

理解し易い所で言いますと、買いは「80pips」程度で撤退するのですが、売りは「300pips」をオーバーする所まで利益を引っ張る特徴があるのです。

 

日本円の特徴を狙った、世界初の「買/売・異種混合ロジック」

 

「有事の円買い」と言う相場の格言を知っていますか?

 

債券や株式、先物等、世界に投資商品は一杯あり、世界中のトレーダーは国際情勢やニュースをチェックしながら、取引を行なっていると言われております。

 

トレーダー達はリスクを分散しつつ、いつも良い投資商品を見つけ出して取引を行なっています。

 

けれども、世界を震撼させるニュースが発表されたとします。

 

少し前だとトランプさんの大統領選当選、英国の英国離脱、古くはリーマンショック等がありましたね。

 

どうして、相場が下落するかと申しますと、世界的な有事が発生した際には「安全資産と言われている日本円」に一瞬のうちに資金が流れるからだと言えます。 要するに「円」が買われることになります。

 

円が必要以上に買われてしまうと、 EURJPYやUSDJPY等といったクロス円通貨はことごとく下落するのです。

 

今回の例はちょっぴり極端でしたが、マーケットではいつも何がしかのニュースが行き交っているのです。

 

また、何がしかの悪いニュースが現れる度に、分散されていた資金が一瞬のうちに「円」に集まるのです。

 

そして、マーケットから「リスク」が消えると、段々と「円」から他の投資商品にトレーダーの資金が流れるのです。

 

ですから、チャートは上昇と下降で全然動きが違うというのがマーケットの本質なのです。

 

この特徴を活用し、「ゆっくり上がる上昇相場においては地道に」と、「一瞬のうちに落ちる下降相場においては圧倒的な利益」を獲得するのが、『ビッグキャノン・ストラテジー』になります。

 

 

ファイブボーガン&ビッグキャノン・ストラテジーの良くある質問について

 

投資については完全な素人になりますが問題ないですか?

問題ありません。 自動売買ですから、動かす為に、投資の知識が不可欠だと言う訳では御座いません。

 

かえって、相場慣れしていない人こそ使用して貰い、相場とはこんな風に動くのだなと感じて頂きたいですね。

 

当然、トレードや相場に対しての知識や経験が、安定感のある自動売買運用に結び付く事は間違いありませんから、 2つの自動売買ソフトを運用させつつ、知識や経験を深めて行く事を推奨させて頂きます。

PCが不得意なのですが、参加可能でしょうか?

いくらかはPCを使いこなせる知識はあった方が良いと思われます。

 

PCを使用してEメールやインターネットを行なえていたら、特別問題ないと思います。

 

と言っても、教材の作成には力を入れましたから、PC音痴の人であっても使用出来る様になっております。

裁量しか行なった事がないのですが問題ないですか?

こちらも問題ありません。 木目細かな教材がありますから大丈夫ですよ。

 

また、自分自身の不得意な相場を自動売買に任せたり、裁量トレードを自動売買に任せたりと、裁量トレーダーが自動売買を利用する事によって、トレードの幅も一段と広がりますから、どうぞ上手に利用して貰えたらと存じます。

間違いなく儲けることが出来ますか?

あいにくですが確実に儲けを出せる事を保証する事は不可能です。

 

また、当サイトに掲載された成績と必ずしも同じ成果が得られるか否かに関しましても、これを保証する事は不可能です。

 

マーケットはいつだって流動的である上に、貴方様の置かれている状況や立場次第で収益は変わるからです。

2つの自動売買ソフトを使用する方が多くなる事によって、飽和したり利益を得られなくなってしまったりする事はありますか?

無いと考えて頂いて大丈夫です。 為替取引の1日の取引量は2兆ドル(240兆円)になります。

 

かえって金融市場は大きくなっていますから、可能性は見る見る広がっているのです。

 

 

ファイブボーガン&ビッグキャノン・ストラテジー販売者からのメッセージ

 

私は「自動売買マネジメント講座」で、 200名の生徒を素晴らしい投資家に育て上げて来た自負が御座います。

 

その中で松さんと平山さんは、抜群に素晴らしい自動売買トレーダーに育ちました。

 

加えてその素晴らしい自動売買トレーダーの中で、主にこの2人は自動売買ソフトの「開発者」として、私が全力でその神髄を伝えた生徒でもあるのです。

 

私は貴方様に「自信たっぷり」に、『ファイブボーガン・ストラテジー』『ビッグキャノン・ストラテジー』をお勧めさせて頂きます。

 

参加するハードルが遙かに低い自動売買。 その自動売買を大勝利へといざなう2つの自動売買ソフト。

 

これらを活用して、中長期的に自動売買で収益を得る為の「仕組み」を貴方様の物にして頂きたいと思います。

 

当然、その道中において、疑問に感じる事が現れたら、私、佐々木が100パーセントの力でお手伝いさせて頂きます。

 

ファイブボーガン&ビッグキャノン・ストラテジーの公式サイトはこちらから